古文(一般・二次試験対策) 基本ルート 王道

その壱 参考書一覧 その弐 勉強法概論 その参 基本ルート
■その壱 参考書一覧
<日大>

第一段階
[文法講義]富井の古典文法をはじめからていねいに
[文法暗記]富井の古典文法をはじめからていねいに
[読解]はじめの一歩 古文読解問題集
    • はじめの一歩 古文読解問題集|古漢文

    第二段階
    [単語]大学受験 古文単語 ゴロ565 増補改訂版
    [文法講義]富井の古典文法をはじめからていねいに
    [文法暗記]富井の古典文法をはじめからていねいに
    [読解]富井の古文読解をはじめからていねいに
    [読解]センター|マーク基礎問題集 古文
    [古文常識]荻野文子の 超基礎国語塾 マドンナ古文常識217
              第三段階
              [読解]マーク式基礎問題集(19) 古文 四訂版
              [読解]センター・マーク 標準問題集[分野別シリーズ] 古文
              [読解]2013 大学入試センター試験 過去問レビュー 国語 河合
              • マーク式基礎問題集(19) 古文 四訂版|古漢文

                  <MARCH>

                  第四段階
                  [読解]古文上達 基礎編 読解と演習45
                  • 古文上達 基礎編 読解と演習45|古漢文

                  ↑TOPに戻る

                   

                  ■その弐 勉強法概論

                  1.敬語は完璧に使いこなそう
                  古文の難しさは、本文を読んでも内容がよくわからないという点が非常に大きいです。 なぜよくわからないかと言えば、本文中の省略省略が非常に多く、そして省略をされているのは主語をはじめとする人物です。 この省略された人物を特定するために敬語は非常に重要です。 古文の初歩の段階では内容をとらえられるかどうかよりも動詞や会話文の人物を補うことを最優先に解いておきましょう。
                  2.読解=全訳ではない!
                  古文が解けないと思っている人は非常に多いのですが、訳せなければ読めないと思っている人が非常に多いのが問題です。 国立の論述問題などであればもちろん訳せる必要はあるのですが、基本的には全訳はそれほど必要ではなく、大体の訳を抑えて、最低限の読解で読めるようにすることが重要です。 全訳にこだわりすぎて内容がずれてしまうことは避けましょう。
                  3.選択肢や注釈は重大なヒント!
                  上で挙げた最小限の努力で読めるようにするためには、周辺の情報を使いこなすことが重要となります。 センターや私大の古文では注釈や選択肢から読み取れる情報が非常に多いため、自力で訳さなくても内容がかなりわかるようになっています。 もちろん選択肢であれば間違っている部分もあるので、使える情報と使ってはいけない情報を見極める必要がありますが、うまく使えれば内容が半分程度しか自力で訳せなくても、問題が解けるまでの読解ができるようになります。

                  ↑TOPに戻る

                  ■その参 基本ルート 段階の説明→どんな段階を踏んでいくのかの説明です。 ルートと具体的な進み方→具体的参考書をどうやって、いつまでに進めるのかが書かれています。

                  第一段階
                  敬語の学習と主語のとらえ方の学習 目安 センター得点目安 0%~30% 偏差値 30~40
                  この段階では、敬語を習得し、読解問題で主語を補う練習を行います。 単語や助動詞はこの時点では全くやっていないため、訳すことはできなくて構いません。 動詞、会話文、敬語表現に対して人物を補い、本文の省略部分を埋められるようにしてください。

                  詳細・参考書情報はこちら

                  第二段階
                  古文の基礎の学習 目安 センター得点目安 30%~60% 偏差値 40~50
                  古文単語、文法、読解講義、古文常識といった、問題演習の前にやっておくべき参考書を解いていきます。 すべて終わった段階で、最終確認として問題集を解いてください。 単語や文法は本文を読む際にはそこまで使うことはありませんが、問題を解く段階では非常に重要となるため、完璧に覚えておいてください。

                  詳細・参考書情報はこちら

                  第三段階
                  センターレベルの問題演習 目安 センター得点目安 60%~80% 偏差値 50~60
                  センター試験形式の問題演習が中心の段階となります。 センターを受けないという場合にはこの段階の参考書やセンター試験の過去問は一部カットしても構いません。 ただし、選択肢の切り方は練習する必要があるので、最低でもマーク式基礎問題集はこなしておきましょう。

                  詳細・参考書情報はこちら

                  第四段階
                  MARCHレベルの問題演習 目安 センター得点目安 80%~ 偏差値 60~
                  この段階では、私大向けの問題演習をこなしていきます。 センター形式と比べると、より文法の重要度が増すので、第一段階、第二段階の参考書をしっかり復習しておきましょう。 問題自体は難しいものではないので、今までの知識をしっかり使いこなせるようにしてください。 この段階以降は志望校に合わせた分野別対策となります。

                   
                  古文 参考書・勉強法はこちらから→