武田塾のルートって関西の大学には対応してないの?という質問についてお答えします!

武田塾のルートって関西の大学には対応してないの?という質問についてお答えします!
関関同立

最近週刊ダイヤモンドでも『関関同立』が特集されましたね

こんにちは!武田塾スタッフです。

天気が安定しない今日この頃ですが、体調に気をつけて勉強の方は進めていきたいですね〜

武田塾では

『ルートに「日東駒専」とか「MARCH」とか「早慶」とか書いてあるけど、関西の大学には対応していないのですか?』

という質問がよくあります。

誤解しないでほしいのですが、「日東駒専」「MARCH」「早慶」は、難易度の便宜上そうしているのであって、同様の難易度の大学であれば同じ参考書をすすめてもらって大丈夫です。

例えば、関西であれば「日東駒専」⇒「産近甲龍」、「MARCH」⇒「関関同立」と考えてもらえばと思います!

武田塾のルートは志望大学に合わせて進め方や難易度をどこまでに設定するのか等、生徒さんに合わせて設定しますので、詳しく知りたい方はぜひ一度お近くの武田塾に受験相談にいらしてみてくださいね。

受験相談をご希望の方はこちらのリンクからお問い合わせください。

遠方の方でもインターネット通話アプリを利用してご案内出来ますので、「サイバー校」をご選択ください!!

ちなみに、武田塾の大学別対策動画をまとめたサイト「参考書だけで大学合格.com」でも、いろんな大学の対策についてまとめてありますので、ぜひご覧ください!

関関同立の対策について動画を貼っていくので、各教科の詳しい勉強法については埋め込みの下のリンクからご覧ください。

【関西大学】

関西大学対策の詳細はこちら!

【関西学院大学】

関西学院大学対策の詳細はこちら!

【同志社大学】

同志社大学対策の詳細はこちら!

【立命館大学】

立命館大学対策の詳細はこちら!

参考にしてくださいね^^

6 thoughts on “武田塾のルートって関西の大学には対応してないの?という質問についてお答えします!

  1. おたじい
    on said:

    再び質問します
    慶應理工学志望高校2年です
    数学の参考書についての質問です
    現在基礎問題精巧が終わりつつある状態です
    私はこのあとマーチの入門で、文系の重要事項完全習得編があまり得意ではないので(参考書の感じが)ませまの合格数学を三冊やろうかと考えていたのですが、一対一対応の数学という参考書が気になり始めてきてまして、合格数学シリーズより、私は一対一の方が合っていると思ったんです
    武田塾では、早慶の発展で使っているものだから、手を出してはいけないのかなと思ったのですが、ぜひ、使いたいです。

    いいでしょうか

    • 武田塾スタッフ
      on said:

      おたじいさん

      返信遅くなってしまって申し訳ございません!
      1対1については下記動画が参考になるかとおもうのでぜひ御視聴ください。

      武田塾が「1対1対応の演習」をおすすめしない理由!?定番参考書がルートにない理由|受験相談SOS vol.61
      https://youtu.be/PWAEn3PvZf8

      しっかり6冊終えられるように計画を立てて出来るようであれば、とても良い参考書だと思うので、その辺りを見極めながら進めてみてくださいね!

  2. ゆうすけ
    on said:

    大阪大学の文系数学についてなのですが、
    基礎問題精講をやってから標準問題精講でたりますか?
    そのあとにまだやるべき参考書はありますか?

    • 武田塾スタッフ
      on said:

      問題演習がもう少し欲しいですね!
      武田塾では『文系数学のプラチカ』をお勧めしています!

  3. 各科目の基本ルートについてなんですが、
    参考書や問題集が古かったり(1990年代出版のものとか)があるんですが
    本当にいまの傾向に対応しているんでしょうか?改訂版が出ているものは
    それを使っても同じでしょうか?

    • 武田塾スタッフ
      on said:

      基本的には対応しているものを推奨しています。
      改訂版が出ているものは、改定後のもので大丈夫です!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>