「単語帳って何を使ったら良い?」武田塾によく寄せられる質問にお答えします!

「単語帳って何を使ったら良い?」武田塾によく寄せられる質問にお答えします!

やっぱり気になる単語帳…何を選んだらいいんだろう?

新年度になって1カ月、みなさまいかがお過ごしでしょうか?
予備校や塾に通い始めて、ペースがつかめてきていたり、いまいちギアが入っていなかったり、それぞれだと思います。
そんな中、こちらの逆転合格.comでもそうですし、武田塾の受験相談でもそうですが、最近よくある質問で多いのが、単語帳に関する質問です

実際のところ、一冊完璧に出来ればどの参考書でもそんなに差は無いかと思うのですが、「この参考書このまま使ってていいのかな?」とか「この参考書だけで志望校まで行けるのかな?」というふとした疑問は浮かんでしまうところだと思います。

武田塾では、一番のお勧め参考書として駿台文庫の『システム英単語』を挙げています。
シンプルで覚えやすく、レベルの高い難関単語も実際の出題頻度などから割り出して作成されているため、的を射た単語が多いというところが選定理由です。

まあ、でも、動画中で中森先生も言っていますが、単語帳に大差は無いんじゃないかなーと思うので、決めた一冊をしっかり仕上げることを目標にしてみてください!

システム英単語VS速読英単語!?

悩める受験生のお悩みに武田塾教務陣がお答えする、Youtubeチャンネルの「武田塾チャンネル」の中に、最近始まった『どっちの参考SHOW』というシリーズがあります。

(元ネタ知ってる高校生いるんですかね笑??ちなみに、武田塾チャンネルは受験生のお悩みに答える『受験相談SOS』や、実際の勉強法をまるごと教えちゃう『教科別勉強法』など、多彩なコンテンツを取り揃えていますので、ぜひぜひチャンネル登録してみてくださいね!チャンネル登録はこちら

このシリーズでは同じ科目の同じ単元やレベルを扱う参考書を2冊挙げて、武田塾の中森先生と武田塾のやり方で京都大学に合格した高田先生が、参考書の詳細について比較してくれています。

その中で最近取り上げられたのが…
『速読英単語必修編』!
Z会の参考書で、単語を長文で覚えていくタイプの参考書です。
結構頭良い高校とかで使われていますね〜。
それと、武田塾でお勧めしている『システム英単語』を比べると…
気になる内容は以下の動画をぜひぜひ御視聴ください!

まあ、そうですね、基本は一冊を完璧にすることですし、Z会さんも駿台さんもそんなに変な参考書を作る訳ないと思いますので、信じた一冊を進めてください!
ただ、レベルに合っているのか?とか覚え方が効率的なのか?とか、その辺りは常に気にしながら進めて行くと良いのかなあと思います^^

単語帳の暗記は受験の基本!

ここまでは受験で単語帳は何を使ったら良いのか?という疑問について述べてきました。
ただ、実際に大事なのは単語帳の単語をしっかり覚えることです。
実際に受験勉強では本当に暗記しなくちゃならないことが多いので、単語の暗記が出来るようになるかが肝になってきます。
「この単語帳をやるぞ!」と決めたら、ぜひこの「逆転合格.com」のページを参考にして、しっかり暗記していってください!

<過去の記事>
1ヶ月で英単語2000個を覚える方法
教科別勉強法|英語の勉強方法
あなどるなかれ英単語!

暗記方法や勉強法、参考書選びにつまづいたら、ぜひお近くの武田塾で受験相談を受けてみてくださいね!
受験相談はこちらから!
GWが明けたら、センター試験まではなんと250日ちょっと…
この残り時間をしっかり意識して、しっかり頑張っていきましょう!

2 thoughts on “「単語帳って何を使ったら良い?」武田塾によく寄せられる質問にお答えします!

  1. 壱太夫
    on said:

    大阪大学法学部志望なのですが、古文のセンターレベルを終えてから何をするべきでしょうか。
    武田塾のルートには私大向けの参考書が紹介されていますが、国公立志望でも使えるものなのか疑問を持ったので質問させて頂きました。

    • 武田塾
      on said:

      こんにちは!武田塾スタッフです!
      ルートの詳細については、以下の動画でも話しています。
      参考書だけで大学合格.com 大阪大学
      入試精選問題集や、得点奪取をプラスしたり、古文常識を便覧等も使いながら覚えていくのが良いかと思います。
      ぜひ参考にしてみてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>